前へ
次へ

長丁場となる民事訴訟はベテラン弁護士に依頼

法律的解決には、訴状を提出してからのドタバタ劇ともいわれています。
しかし実際は、1ヶ月などで解決することは珍しく、大抵は3ヶ月から半年はかかる長丁場となる見通しが立てられます。
第1回、口頭弁論期日の指定、この日に相手方が欠席すればそのまま判決が出るのですが、出席して争う場合には答弁書が提出されます。
1ヶ月ごとに期日が指定され、何回かにわたって双方で事実や法律上の主張を書面にして主張、書面で提出できる証拠があれば提出する流れです。
和解となれば手短にコトが済むのでしょうが、争点という主張の食い違いが明確になった時点で証人尋問が始まるようです。
1ヶ月ごとから、次は2ヶ月程度の間隔をおいて証人尋問期日が行われ、その日の証人に対し、双方の弁護士から主尋問、反対尋問が行われます。
こうした時点で大抵は和解の打診があるそうです。
こんなに長丁場となるなんてことを、民間の人が知る術もありません。
ここでようやく、和解が成立することの方が多いそうです。
事案を見通す能力、調査能力、そして交渉力がある、そうしたベテラン弁護士に相談すべきです。

Page Top